セレクトショップ ー 抱っこ紐

助産師がお勧めする商品をご紹介します。
最近の赤ちゃんで多いのが、抱っこしようとすると反り返ってしまう赤ちゃんです。 縦抱きが主流になっている今、胸にピッタリ吸い付くように抱かれることで、泣い ていた子が泣き止んでスヤスヤ寝入ってしまうので驚くことも多いです。しかし、 この縦抱きが長時間になると、肩や腰への負担が大きく、両手が使えないことへの 不便さもあります。そんな大変さを耳にし、何度も試作を重ね、ママたちの声を参 考にできあがったのが この抱っこ紐です。(助産師 根方友紀)
お祭り抱っこ紐 お祭り抱っこ紐
昔から日本の文化の中でお祭りが根付いています。 浜松でも子供の誕生や子孫繁栄を祝い「浜松まつり」が有名です。 お祭りは元々、無病息災や五穀豊穣を祈願し、神様に感謝すること。私たちはいつ も自然や人、その土地に感謝し、命を育んできました。「子どもは宝」、大切な命 を大切に育む事をお祭りの言葉に託し、「お祭り抱っこ紐」をつくりました。
現在、自身も田舎で子育てをして子育ての大変さ、妻の偉大さを実感しているとこ ろです。そんな中で、パパママの子育て負担を少しでも軽減できる製品作りをした いと考えました。助産師の専門知識(子供、ママの身体のこと)や、パパママの要 望を取り入れ、一人一人のニーズに合わせた丁寧な製品作りを心がけています。 また、春野という自身が育った場所で、遠州の良品を使っての製品を製作すること で、地元の活性化に貢献できればと思っています。(袋物職人 森下洋行)
お祭り抱っこ紐お祭り抱っこ紐お祭り抱っこ紐お祭り抱っこ紐

保育関係者のみなさんへ
助産師の経験のもと、実際の保育園でも使っていただき研究を重ねました。特に日 々の保育で肩こりや腰痛に悩む方にオススメ。片側で抱っこすると骨盤が歪みがち これなら両肩で支えるからそんな心配もありません。

パパへ
妊娠後ママのお腹が大きくなっても、実際に自分の子どもを抱いてもわからなかっ たパパの実感。忙しく動くママを手伝いたいけれども、どんなお手伝いをしたらい いかわからず悩んでいるパパも多いのではないでしょうか。この抱っこ紐はそんな 悩みを解決します。あなたはどんなお父さんになりたいですか。子どもと過ごした 時間だけ父親になれる、そんな実感をわかせる抱っこ紐です。何をしたらいいか悩 んでいるパパ、まずは抱っこ紐で育児に介入してみてはどうでしょう。

ママへ
日々泣かれる子どもの対応に悩んでいませんか。子育てに答えや参考書がないから 誰もが自分の子育てに自信がありません。抱っこすれば泣きやんでくれるけど、上 手に抱っこができない、長時間抱っこを頑張りたいけどついていけない体力や時間 のなさをこの抱っこ紐で解決します。疲れにくく、使いやすいオリジナルの手作り 抱っこ紐を、日々頑張っているあなたに使っていただきたいです。

おじいちゃん・おばあちゃんへ
日々孫育てに頑張っている娘や嫁への感謝の気持ちを手作り抱っこ紐に託してみま せんか。インターネットや携帯電話の普及で、かんしゃの気持ちを言葉で直接伝え ることが少なくなっています。家族の元に生まれた小さな命の意味は、代々伝えら れる命の絆が繋がったということ。私たちは、時代が変わっても、何も変わらない 子育ての大切さを抱っこ紐を通して伝えていきたいと考えます。

お祭り抱っこ紐 ふくろもの工房 森下



inserted by FC2 system